改めて車買取「事故歴と修復歴」とのことだけどどうなんでしょう

車引受けを依頼したさいは、まず審査を受けることになります。その時の査定に関しては買取専門ショップの査定担当者がすることになり、オークション市場の相場等から計算されることとなります。

普通は古いくるまとして売り出されている価格の20~30%程が買取り価格と言われているようですが、人気のある車種であったり、希少価値のある車であったりする時には高い買取額が出るといったケースもあります。ほかにも、製造年が新しい方がやはり高く売れます。ただし、これらの買取の値段はクルマがパーフェクトな状態のときであって、そうじゃない時だと低い査定となります。特に修復の跡等は買取価格に相当影響します。

修理歴といっても定義が微妙ですが、基本的にクルマの本体であるフレームの方にまで影響しているようなアクシデントをしてしまったクルマは事故車扱いになります。この事故歴のあるクルマはあとから何かしらの負の影響出てしまうリスクが有るため、見積価格に於いては駄目なものとなります。他方、フレームの部分まで影響が無く、外側を手直しした程度ならなりませんが、とはいえ事故歴がつくことになります。

もちろん修復歴は付きますのでマイナスの影響があるものですが、事故車よりも見積もりが低くなることは無いでしょう。他にも、変速機やエンジンなどにトラブルが起きている時もマイナスとして見積もりされますし、日頃からのメンテナンスの良し悪しが見積金額に影響してきます。

そのへんは私達にはちんぷんかんぷんですが、値踏みをする買い取りの専門店としてはきっちりと状態をチェックしてきます。

どちらの場合でも修復歴としては無いことが古くなったくるまの見積金額を上げられるかどうかの分かれ目となります。