例の中古車を売る時の残債について思うこと

くるまの買い取り専門店に見積もりをお願いしたものの、ローンが払いきれていない場合もあるのではないでしょうか。そうした時は、売るつもりの愛車の権利があなた自身なのか別の方なのかどうか最初に見ておくことが求められます。

ホントのところ、持ち主に関してどれを見れば分かるかというと、「自動車検査証」に記載のある名前の方が車の権利者ということになります。

クルマを買う際に銀行が提供している割賦払いを設定した際は、こちらの車検証に記載のあるお名前がご自身のお名前になってるはずですが、ローンを組んだのがクレジット系の会社である時には氏名がローン会社の名前になっている訳です。信販系で分割払いを組む場合どういう理由でこのような形でクレジット会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由としては返済が滞った場合、ただちに愛車を担保という形で確保することを考えているからです。

こういった事情により持ち主名義が信販会社にある場合はそちらのマイカーを自分の都合で売ることはできないのです。どうあれ売却したいのであればまず支払いを完全に完済するかローンの組み換えによって所有者を自分の名前に変更した後で手続きすることが必要です。ですが、現実問題こんな事が可能なのは今お手持ちの現金が沢山ある場合に限定されます。じゃあキャッシュが足りない時はどうすることが望ましいでしょう。

そんな時には値踏みをやっていただいた車買取り業者にご相談頂けますと、くるまの買取価格から残債分をまかない、所有権をご自身の姓名に変更してもらうことが出来るという訳です。手続きの方もすべて買い取りのお店にオマカセできますから心配ないです。