使用した自動車を売りはらう際の進め方に関してですが、コチラでちゃんとわかっておきましょう

中古の車を売りわたす際の進め方というと下取と買取の両方が一般的ですね。下取りの場合はおニューのクルマをゲットする際、今迄のおクルマを引受けして頂くというものです。殆ど販売会社が買い取りをおこないますので値段はどちらかというと低目になる場合が多いです。

もう一方の買い取りのほうはu-car買取専門店が行なっていて、使用済みの自動車として販売する事を予定に買い受け金額を決定するため、どっちかといえば高値での買受けが望めます。どちらにしても古い車を買い上げてもらうことであり、売る前に引き受け額を決定するための見立てが行われることとなります。

見たてをおこなう時気に掛かるのはリサイクル料となります。使用した車の見積りで出される額というのは車それ自体の値段、自分のくるまのに附随するリサイクル料とか自賠責保険等々含めた金額の二種類がございます。リサイクル料は使用済みの自動車を入手した際、または「リサイクル料」が未払いの場合には車検の場合支払いとなるもので、将来的に古い車を廃車にして解体する時必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする際の代金となって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、処分する時に自動車リサイクルシステムから払われることになります。

その場合の料金は、軽自動車で8000円位、国産車の場合は1万円程、外国の車等だと1.5万円位、その他で2万円程度を納める必要性があります。大体の使っていた自動車買上げであれば、これらのリサイクル料金をユーズドカーの買い取り額とは別として買取られる事になりますが、リサイクル料を含めて引受け値段となっているケースもあり、買い取りをお願いする場合まえもってチェックしておくのが大切です。