今日は車買取、そしてリサイクル料

ユースドカーを売却するさいの方法というと下取り、そして買い取りのどちらかが一般的です。下取りのケースというのは次の車を手に入れる際一緒に古い自分のくるまのを買受してもらうというものです。たいがいはは新車のディーラーが引き取りをすることになるので買取プライスのほうはわりと低価格に見られがちです。

一方、買い取りの方は愛車買い取り専業店がやっているもので、中古車という名目で店頭に並べることを前提として引き受けプライスを決定するので、やや高額の買取が望めるでしょう。どっちにしても愛車を売却する事であり、売却をする前に引受け金額を決定するための鑑定がされることとなります。

査定をおこなう時気に掛かるのは「リサイクル料」です。自動車査定で示される値段としてはそのクルマそれ自体の額、ユースドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料など含めた価格の二種類が有ります。リサイクル料についてはクルマを手に入れた場合、もしくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を受けた場合に支払いになりますので、後に自分のクルマのを廃車として解体するさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする為の料金ということで使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するさいにJARSから支払われることとなります。

料金はだいたい、軽自動車で8000円ほど、国産車の場合で10000円ほど、外国の車等だと15000円位、その他で2万円くらいを納める必要性が御座います。大体のくるま買取りの場合、こういった「リサイクル料」を自家用車の引取り額とは他として買い取りされるというような事になる訳ですが、リサイクルの代金をいれて引受価格となってる場合も有り、引き取りを希望するケースでは事前に確認しておくことが大切なこととなります。