今日は日本自動車査定協会の取組ってどうでしょう

中古車の下取りや買取の際には、初めに査定をするものです。査定とは、お客様から下取りや買取する際に冷静な評価をするための手続きであり、それをするためにはいろんな方たちから容認され、その上受け入れられた手順でなければ良くありません。なのですが、消費者側からすると、見積がどんな具合に実施されているのかちゃんとは存じてなかったり、適正なやり方でやられているかは案外把握することが出来ないものですよね。ではありますが見積の方は愛車の値段を決めてしまうめちゃくちゃ大切な方法ですから、方法や考えに様々なものがあると世間がパニックとなる要因にもなってしまいます。

そういった騒ぎを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした査定が根を下ろすように機能している団体であって、お客さんが安心して鑑定に出せて、しかも納得できる結果となる土台作りの活動をしています。

実際の活動の内容は、例えばまっとうな査定士を育むための試験をおこなっており、査定協会が実行している学科や技法の研修を受け、そののち査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。そして査定士として働く為には協会への登録が必要になり、健全な見識や決まり事をもってお客さんのクルマの評価をします。つまりはしっかりした見積のための資格を持つ者が査定を行いますので、我々も悩まずに買い取りや下取りに車を出すことが可能となるのです。