今日は中古自動車査定制度に関して

車の買い取り・下取時には、なにはともあれ査定をやります。この査定とは、お客さんから下取や買取の時にきちんとした審査をするための作業であり、それを行うためには多くの人から認識され、さらに承諾された段取りでなければダメなのです。なのですが、ユーザー側からしますと、値踏みがどのように実施されているのか正確には確認できてなかったり、適正な段取りで実施されているのかはなかなか把握することができなかったりもするものです。そうはいっても審査というものは中古車の値打ちを決めてしまうめちゃくちゃ重要な工程である為、考え方やその方法にさまざまなものがあると社会が混乱する理由にもなってしまいます。

そのようなカオスを発生させない為にも日本自動車査定協会という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、しっかりとした値踏みが行き渡るように活動している機関のことで、お客さんが不安なく値踏みに出せて、そして満足できる結果となる制度作りの取り組みをしています。

具体的な活動内容としては、例えば健全な査定士を増やす為の資格試験を実行しており、査定協会が行っている学科さらには技法の研修を受け、そうしてから「査定士技能検定試験」にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そして査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、きちんとした基本的なことや規律をもってお客さんの車の鑑定をするのです。つまりはしっかりした見積のための資格を有している者が評定を行いますので、お客さんもリラックスして買取とか下取に車を出すことが可能となるのです。