今日の内容、中古車査定ってどうでしょう

マイカーの買い取りや下取りの時には最初に査定を行います。査定というのはユーザーから下取や買取の時にきちんとした評価をするための下調べであり、そのためには多くの人から容認され加えて受け入れられた進め方でなければ良くありません。

とは言っても、消費者側からしますと鑑定がどのようにおこなわれてるのかきちんと把握していなかったり、しっかりした段取りで調査されているのかは案外把握することが出来ないものですよね。そうだとしても値踏みというのはユースドカーのバリューを決める非常に大事な方法ですから、やり方や考えに様々なものがあると社会がパニックとなる要因にもなってしまうわけです。

このようなパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。日本自動車査定協会とは、適切な値踏みが拡大するように機能している機関であり、私たちが信頼して査定に出すことができ、そのうえで納得できる結果になるような制度作りの活動をしています。

具体的な活動内容としては、例えば健全な査定士を増やす為の資格試験を実施しており、査定協会が行っている学科及び技能研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな基礎的なものや責務をもってユーザーの所有車の鑑定をしていきます。つまり適正な見積のための資格を有している人が値踏みを実施しますので、

我々も悩まずに下取りや買取に愛車を提出することが可能となるわけです。