今回は車買取店の車査定について

クルマの買取では、必ずその見積もり査定をしてもらいます。その型式や年式とで、基準となる通常時の価格の目安を把握します。これに比べ更に状態が悪ければ、鑑定額を少なくするというような工程でやられていくことでしょう。

標準状態の金額の件については買取店の方で基本となる数字を保管しています。これについては業者同士だけで見られるもので、その金額は車の型式や年式によって書かれているのです。とはいっても、あくまでもこの数字は基準の数値であり、それ以上の意味はないのです。その上、その値段よりも高い金額で買取を行ったり場合によっては安く買い受けされたりするケースも当たり前ですが

買取店側からすると出来る限り安値で引受けしたいので、業者にもよりますが基本となる買い取りの値段を指し示した上で、それよりもロープライスな方向へ行こうとしてきます。こちらの気持ちとしてはできるだけ高い値段で売却したいわけですから、この時の交渉としては、強気に話を振るのが成功の秘訣です。もしくは、引き取りに関する値段が折り合わなかった時などは一旦見送りとし、そちらで話を止めておきます。そしてほかの買取業者と交渉を行うわけです。

例えばここで額面的にもっと高額となり納得できたなら、最初の業者とのネゴシエーションは物別れに終わっても気にせずOKです。結局、売る側が満足がいくように話し合いを進めていけばイイって訳です。絶対に回避したいのは、急ぎ足で値段を結論付けてしまい、あとから後悔してしまうことです。額面はとにかく強気にいった方が心残りはないでしょう。