今回は中古車査定と事故車

古いユースドカー売り渡しを依頼したときは、まず最初に審査を受けることとなります。その際の見積もりについては買取り業者の査定士やり、クルマ市場の相場などから算定されることとなります。

大体、中古の車として売り出されているプライスの20~30%ほどが売値となっているようですが、評判の車であったり、希少価値のある車であったりする際には高い買取額が付く時もあるみたいです。ほかにも、製造年は新しい方が高い金額となります。一方、そうした見積金額は自動車が完全な状態の場合であり、そうじゃないときには値踏みは厳しくなります。その中でも修理の跡は買取の値段にとても影響します。

修復の跡というのも定義は微妙なところですが、とりあえずお車の基礎であるフレームの部分にまで影響しているようなアクシデントを起こしてしまったクルマはこれに当てはまります。そうした事故歴のあるくるまはそののちなにか被害が出てしまう危うさが有るので、買取り価格に於いては悪材料となるのです。一方で、フレームの方にまで影響が無く、ボディを直した位ならなりませんが、でも修理歴は付くことになります。

モチロン修復歴としては付くわけですからデメリットの影響が有りますが、事故車よりも低い鑑定額となることはありません。また、エンジンやギアなどにアクシデントが出ているときにもマイナスという事で鑑定されますし、普段からの点検整備の良し悪しが見積に影響されます。

この辺りはシロウトには気づかない所ですが、見積もりをする買取専門ショップの方ではキッチリそのへんもチェックの対象としてきます。

どちらにせよ修復歴はないことがユースドカー見積金額が上昇させることができるか否かのポイントとなってきます。