中古車を処分する際の仕方のことを、こちらのページで詳しく見ていきましょう

使用済みの自動車を売り払うときの方法には下取り、そして買い取りの両方が一般的ですね。下取りの場合というのはおニューの自分のクルマのを買う際、これまで乗っていた使用した自動車を引き受けてもらうというものです。大体は新車販売店が引受けをおこなうのでプライスの方はどちらかというと低目になる場合が多いです。

一方で買取のケースは不要車買い取り専門店がやっているもので、使用していた自動車という名目で店頭に出すことを前提に買上の金額を決定するため、やや高値での引き受けが望めます。何れにしてもマイカーを売る事であり、売却をする前に買取りプライスを決めるための品評がおこなわれることとなります。

診断を行う時に気に掛かるのがリサイクル料となります。使った車の格づけで出してもらう金額としては所有車そのものの価格、ユーズドカーに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などなど加えたプライスの2つの種類が有ります。リサイクル料についてはその不要車を買った時、若しくはリサイクル料が未払いだった場合には車検を通した時支払いとなりますので、この先中古の車を廃車にして解体する際に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルする為のコストということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体するケースでJARSから支払われることとなります。

その時の費用は、軽自動車だと8千円位、国産自動車で1万円ほど、外車ですと1万5千円くらい、その他で2万円程度を入れる必要性があったりします。大体の使用済みの自動車買い受けであれば、これらのリサイクル料を使用した自動車の買上げ額とは別ということで引取られるという事になるんですが、リサイクル料金を含めて見積もり値段としているケースも有り、買取りを希望という時はまずはチェックしておくということが大事なこととなります。