まさかの中古車査定

クルマの下取や買取の時には最初に査定をすることでしょう。

査定というのはユーザーから下取・買取時に正確な審査をするための工程であり、そのためにはいろいろな方から認識されさらに受け入れられた方法でなければダメなのです。ですが、ユーザー側から見るのであれば査定がどんな感じでされているのかちゃんとは確認できてなかったり、キチンとした手順でやられているかはどうにも認識することが困難なものです。

そうはいっても値踏みというのはお車の値段を決断するめちゃくちゃ重要な方法な訳なので、方法や考えにさまざまなものがあると社会が混乱する理由にもなるのです。そのようなパニックを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」とは、適正な鑑定が拡大するように動いている団体であって、お客さんが安心して見積に出すことができ、そのうえで満足できる結果となる制度作りの取り組みをしています。分かりやすい内容的には、例えばちゃんとした査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会がおこなっている学科や技法の研修というものを受けて、そののち査定士技能検定試験に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録を済ませてからになり、まともな基礎的なものや決まり事をもってお客さんの所有車の評定をおこないます。

要は適正な見積もりを行う為の資格を保有する人間が評定をしますので、我々も安堵して下取または買取に愛車を提出することが可能となるのです。