なんと!車査定と修復歴のこと

古くなった自動車引取りを頼んだ時は、まず査定を受けることになります。値踏みについては買取ショップの査定士行うわけですが、中古車市場の相場などから値段が出されるものとなります。

だいたい古いくるまとして売り出されている額の20~30%ほどが売却金額とされていますが、人気のくるまだったり、珍しい車などの場合には高値がつくといった場合もあるみたいです。また、製造年が新しい方が高い査定となります。ただし、そうした買取の値段はマイカーが完全な状態の場合であり、そうではない時は低い査定となります。その中でも修理の跡などは見積もりにかなり響きます。

修理歴といっても定義が曖昧ですが、基本的に車両の基礎であるフレームの方にまで影響しているような事故をしてしまった車両は事故車という事になります。そういった事故歴のあるくるまはそののち何らかの被害が現れるリスクが有るため、買取額に於いては悪材料となります。他方、フレームにまで影響しておらず、外側を修復した程度であればなりませんが、それでも事故歴としてはつきます。

無論、修理歴は付くので良くない影響は有りますが、事故車に比べ低く見積もられることはありません。また、エンジンなどにトラブルが出ているケースでもマイナスという事で見積もりされますし、日頃の点検整備の良し悪しが見積もりに関係してきます。

このへんは素人目には気づかない所ですが、見積もりをおこなう買い取り専門店はきっちりとその辺を確認してきます。

どっちにしても修理歴はないことが古くなった愛車の査定を上げられるかどうかの条件となります。