ついにきた、中古自動車査定制度について

中古自動車の買い取りや下取りの時には、なにはともあれ査定をやります。この場合の査定とは、消費者から下取・買取時にまともな鑑定をするための工程であり、その為にはいろんな方たちから納得され、尚且つ受け入れられた進め方でなければダメなのです。ですが、お客様側からすれば、見積がどのように実施されているのか完全には確認できてなかったり、しっかりしたやり方で実施されているのかはなかなか分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。ではありますが鑑定自体がその車の価値を決定するとっても決め手となる過程な訳なので、考えややり方に色々なものがあると世間のパニックの一因にもなってしまいます。

そんなカオスを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」とは、キチンとした査定が行き渡るように機能している機関のことで、我々が安心して鑑定に出せて、そのうえで納得できる結果になるような制度を構築する務めをしています。

具体的な活動内容としては、例を挙げるとキチンとした査定士を輩出する為の試験を実施しており、査定協会がおこなっている学科と技法の研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、まっとうな知識や義務でもって私たちのクルマの審査をしていきます。言い換えると適正な査定を行う為の資格を有している人が鑑定をおこないますので、私たちも安心して買い取りや下取りに持っていくことができるのです。