ついでに車査定と修復歴について

古いユースドカー売り渡しを依頼したさいは、まず鑑定を受ける事になります。その場合の鑑定は買取ショップの査定担当者が行うわけですが、オークション市場の値段などから値段がはじき出されることとなります。

通常、古いクルマということで売られているプライスの2~3割程が査定額と言われていますが、好評な車種であったり、珍しいくるま等のケースでは高値がでる時もあります。ほかにも、年式が新しい方がやはり高くなります。ただし、こうした買取額はそのマイカーがパーフェクトな状態であり、そうじゃない場合には低く査定されます。中でも特に事故歴は査定に相当影響してきます。

事故車というのも定義はあいまいですが、とりあえず車の本体であるフレームにまで及ぶような事故を起こしてしまったお車は事故車として扱われます。このような事故車は将来的になんらかの被害が現れる危うさが有りますので、見積では悪材料となるのです。一方で、フレームにまで影響が無く、外側を直したくらいなら大丈夫なのですが、とはいえ事故歴がついてしまいます。

無論、修復歴は付くので良くない害は有るわけですが、事故車に比べ低く見積もられることは考えられません。それと、変速機やエンジンなどに面倒が発生している場合もマイナスという事で鑑定されますし、常々の整備の状態が買取プライスに影響されます。

その辺はシロウトには見分けはつかないのですが、鑑定をする買い取り専門店ではきちんとその辺を見てきます。

どちらのケースでも修復歴がないということが古くなったクルマのプライスが上げることができるかどうかのポイントとなってきます。