ついでに中古車の査定のこと

クルマの売買の時は、必ずその見積もり査定をしてもらいます。その型式やいつのものかによって、基準となる状態での額面の目安をつかんでおきます。これよりもっと実態が良くなければ、金額を減らしていくといった手順でやられていきます。

普通の状態での価格に関しては中古車ショップの方で目安の数字を持っています。こちらはショップ間のみで見られるもので、そのプライスは車種と年式から記されているものです。しかしながら、この数字はあくまで基準となる数字なのであり、それ以上でも以下でもないものです。プラスして、その値段よりも高値で買取して頂けたり、それとももっと安く売る羽目になったりすることすら当然ながらある話です。

店側の立場に立ってみると出来るだけ安く買い受けたいわけですから、お店にもよりますがベーシックな買い取りの価格を見せたうえで、もっと安値の方へと話を振ろうとしてきます。こちら側の考えではわずかでも高い値段で売りたいわけで、この場合はイッキに攻めていくのがいいと思います。それか、売却に関しての査定額が合意できなかった場合などは一度保留し、そちらで話を止めておきます。そののちほかの買取業者と駆け引きをしていくわけです。

ここで仮に値段が今まで以上に高値となり満足がいったなら、先の業者とのネゴシエーションは決裂でも問題はありません。言ってしまえば、売却する側が満足できるように話し合いを進めていけばいいという事なのです。何があっても裂けなければいけない事態は、あわただしく売却金額を結論付けてしまい、後で悔やむことです。値段についてはとにかく強気に出ていった方が悔やむことはないでしょう。