そうれ!中古車の査定のこと

所有車の買い取りや下取りの際にはまずは査定をすることでしょう。査定イコールお客様から下取りや買取する際に正当な鑑定をするための処置であり、その為にはいろんな方たちから肯定されプラス受け入れられた段取りでなければダメなのです。

なのですが、客側からすれば値踏みがどんなふうにされているのか正確には存じてなかったり、適正な段取りでやられているかは案外認識することが難しいものです。

とはいえ、値踏みというのはお車の価値を決定するとても大切な工程なので、考えや方法にさまざまなものがあると社会の混乱の原因にもなる可能性があります。このようなパニックを起こさないようにするため日本自動車査定協会という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。「日本自動車査定協会」というのはキチンとした見積が行われるように動いている機関のことで、消費者が安心して値踏みに提出でき、加えて納得のいく結果になるようなシステムを構築する務めをしています。

分かりやすい活動の内容は、例を挙げるとしっかりした査定士を輩出する為の資格試験をおこなっており、査定協会が行っている学科と技法の研修を受けて頂き、そうしてから「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が与えられます。更に査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、きちんとした基本的なことや義務でもってお客さんの所有車の評価をしていきます。

言い換えると適正な査定のための資格を保有する人が鑑定をやりますので、私たちも安心して下取りや買取に出すことが出来るわけなのです。