そうれ!中古自動車査定制度のこと

中古自動車の買い取り・下取時には、必ず査定をするものです。査定とは、売り手側から下取や買取の時にきっちりした鑑定をするための下調べであり、それを行うためにはさまざまな人たちから納得され、かつ認められた手続きじゃないといけません。とはいえ、こちら側からしたら、見積がどのようにやられているのか具体的に認識していなかったり、正当な方法で実施されているのかはどうにも認識することが出来ないものですよね。とはいえ、見積の方はその車の額面を決断するとっても決め手となる過程な訳なので、やり方や考えにさまざまなものがあると社会が混乱する理由にもなってしまいます。

そういった混乱を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という機関が存在し、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会とは、キチンとした見積が根を下ろすように活動している団体であって、ユーザーが無事に見積に提出でき、しかも喜べるようなシステム作りの活動をしています。

実際の中身としては、例えばちゃんとした査定士を育むための資格試験を実行しており、査定協会が実施する学科及びスキル研修を受け、そうしてから「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。その上で査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、きちんとした基礎的なものや決まり事をもってユーザーのクルマの審査を行います。つまり適正な査定を行う為の資格を有している人が値踏みをしますので、私たちも安心して下取または買取に愛車を提出することが出来るというわけです。