お待ちかね、日本自動車査定協会という機関の感想、所感

車の下取・買取時は、初めに査定をしてもらうかと思います。査定イコール、消費者から買い取りや下取りの際にきっちりした評価を下す為の工程であり、そのためにはたくさんの人から了承され、尚且つ承諾された仕方でないとまずいのです。とはいえ、こちら側からすると、見積がどのように実施されているのか具体的に知らなかったり、しっかりした仕方で行われてるかどうかはどうにも知ることが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても値踏みというのはユースドカーの値打ちを確定させる大変重大な方法な訳なので、考えややり方に様々なものがあると世間がパニックとなる理由にもなってしまうわけです。

そういった混乱を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関が存在し、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」とは、キチンとした鑑定が拡大するように務めている団体であって、消費者が無事に査定に提出でき、そして満足できる結果になるようなシステムを構築する取り組みをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を挙げると健全な査定士を育むための資格試験を行っており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修を受けて頂き、その後査定士技能検定試験という試験に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まともな基本的なことや義務でもって私たちのくるまの評価をするのです。言い換えると適正な査定のための資格を保持している人間が鑑定を行いますので、ユーザーも安堵して下取または買取に持っていくことが可能となるわけです。