あの買取や下取り、リサイクル料」の感想、所感

自家用車を売却するさいの進め方には下取りと買取りのどちらかがございます。下取のケースはおニューのマイカーを購入する時、これまでの車を買取していただくというものです。主として販売会社が買取をするため金額としてはどちらかといえば低目になるケースが多いです。

一方、買取の場合にはユースドカー買い取り専業店が行っているもので、中古の車という名目で店頭に陳列することを前提として引受の額を決定するため、わりと高値での引き取りが望めます。いずれにしろ所有車を売却する事であり、売却をする前に買い取り額を決定するための審査がされることとなります。

見積もりを依頼する場合に気になるのがリサイクル料です。車見積もりで出してもらう値段というのはその自分のくるまのそのものの金額、お車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど入れた価格の二種類があります。リサイクル料は中古車を入手したさい、又は「リサイクル料」が未払いだった時には車検を受けた時に支払いになりますので、将来的にユースドカーを廃車にして壊してしまうさいに必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする為の料金となって使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体する時にJARSから支払されることになります。

料金は、軽自動車で8000円くらい、国産車であれば10000円位、外国製自動車等だと1.5万円程、その他で2万円程度を入れる必要性が御座います。だいたいの愛車引き受けでは、こうしたリサイクル料を自家用車の引き取り金額とは別として引き取られることとなるのですが、リサイクルの代金を含んで買取価格としてる場合も有り、引き受けを希望というケースで事前にチェックしておくということが大切です。