あの日本自動車査定協会の役割について

中古の車の下取りや買取の際には、間違いなく査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、お客さんから下取・買取時に正当な評価を下す為の手続きであり、それを行うためには多くの人から肯定され、かつ受け入れられたやり方で行わないといけません。なのですが、客側からしたら、審査がどのように行われているのか完全には確認できてなかったり、フェアなやり方で実施されているのかは結構知ることが出来ないものですよね。しかしながら見積の方は中古車の値段を決めてしまう大変重要な方法な訳なので、やり方や考えにさまざまなものがあると世間のパニックの原因にもなるのです。

このようなパニックを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な値踏みが拡大するように動いている機関であり、消費者が無事に査定に出せて、しかも納得できる結果となる制度作りの動きをしています。

具体的な活動の内容は、例を出すとちゃんとした査定士を育てるために試験を行っており、査定協会が行っている学科や技法の研修を受けて頂き、そして「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、きちんとした基礎的なものや決まり事をもって我々の所有車の品定めをおこないます。要は適正な査定のための資格を持つ者が評価を行いますので、ユーザーも不安な思いをせずに買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるわけです。