あの中古車を売る時の残債に関して

マイカー買い取りのお店に審査をしてもらったのはいいけれど、ローンを払いきれていない事もあるのではないでしょうか。そうした時には、売却希望の車の所有が貴方自身なのか別な方であるかについてまずは確認することが必要です。

ホントのところ、所有権はなにを見れば良いのかというと、「自動車検査証」に記載されているお名前の人が車の持ち主となるのです。

愛車を買う際に銀行が提供している自動車ローンを組んだ時には、この車検証に書かれているお名前がご本人の氏名になっていますが、ローンを設定したのがクレジット系の会社であった場合は氏名がその信販会社の記載になっています。信販会社で分割払いを組む場合なぜこんな風に信販系の会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由としては月賦が滞った場合、スグにマイカーを差し押さえして確保することを考えているからです。

こんな理由によって持ち主名義が信販会社にある時にはそちらのマイカーを自分の好きに売却は出来ないのです。どうあっても手放したいなら返済を全部終わらせるか、割賦契約の組み換えによって所有権者をご自身の氏名に変更した上で売却する必要性が出てきます。しかし、現実にそういったことができるのは今現在持っている資金が豊富にある場合になってしまいます。であるならば、お金があまりない場合はどういったやり方がよろしいのでしょうか。

こんな時には評定をおこなってくれたマイカー買い取り専門店にご相談いただけると、自動車の買取価格から残債分をまかない、所有者を貴方自身の姓名に変更してもらうことが出来ます。手続きの方もすべて買い取りのお店にオマカセ可能ですから問題ありません。